学校生活

学校行事等

自転車点検

本校では、3割強の生徒が自転車で通学しています。

7月9日、須賀川警察署の皆様の御協力をいただきながら、自転車点検を実施しました。クラスの交通安全委員が1台1台、自転車の整備状況やステッカーの有無などを確認していきました。

警察の方によると、6月以降、自転車が関係する交通事故が増加しているとのことです。生徒の皆さんには、交通ルールを守り、安全に自転車を利用してほしいと思います。

また、盗難防止のための「ツーロック」は、もはや常識となっています。学校に駐輪するときも含め、ツーロックを忘れずに!!

令和2年度 情報モラル講座

7月4日

医療創生大学の中尾剛先生を講師にお招きし、令和2年度情報モラル講座を行いました。

学校再開後、初めて全校生揃っての講座となり、換気やマスクなど基本的な感染症対策を施したうえでの実施となりました。

普段何気なく使っているネットやSNSですが、その利便性の裏側にある危険性について改めて学ぶ良い機会となりました。これを機に、ネットやSNSの利用について、自ら考え、友人やご家族と話し合ってもらえれば何よりだと思います。

「岩農版 こども食堂への挑戦」

福島県教育委員会が発行する「ふくしま教育ニュース第54号」に、昨年12月に開催された「ふくしま高校生社会貢献活動コンテスト」の様子が掲載され、福島大学アドミッションセンター長賞を受賞した「岩農版 こども食堂への挑戦」について掲載されました。

ヒューマンサービス科では、子どもたちの「食の貧困」の克服に向けての活動も行っています。

(外部リンク)県教委HP ふくしま教育ニュース第54号

商品発表・試飲会 「福島県立岩瀬農業高等学校産米 無添加糀あまざけ」

6月30日(火)

本校と産学連携協定を締結している(株)八芳園の井上専務・総支配人を始め、関係の皆様に、本校へお越しいただき、「福島県立岩瀬農業高校産米 無添加糀あまざけ」の商品発表・試飲会を開催しました。

この甘酒は、八芳園が企画・販売したもので、本校のコシヒカリ(グローバルGAP認証)を用い、郡山市の宝来屋本店が製造したものです。

また、瓶は福島市の丸藤ガラスが製造、デザインは郡山市のデザイナー楠晃治さんが担当されました。デザインのコンセプトは、「意思。情熱。未来。かっこいい農高生。」で、躍動感と生命力を表す画家、ミレーの代表作「種まく人」を高校生に見立てたものです。

仕上がった甘酒は、米の粒がしっかりと味わえ、粒が口の中で自然に溶けることにより、やさしい甘みがひろがる、大変魅力的な甘酒となりました。

会場には多くの報道関係の皆さまにも取材にお越しいただき、コロナ禍の影響が大きい中に、高校生発の明るい話題を提供することができました。

この甘酒は、八芳園のオンラインストアで購入することができます。

(外部リンク)八芳園 COOKING LAB

 

農業クラブ意見研究大会校内予選

6月30日

農業クラブ意見研究大会の校内予選を行いました。

今年は、新型コロナウイルス感染症対策のため、1年生のみが観覧するかたちで行いましたが、同級生や先輩方の農業に関する考えや想いを、真剣に聞いていました。

Ⅰ類(生産・流通・経営)では、アグリビジネス科2年の安部源翔君が、Ⅱ類(開発・保全・創造)では、アグリビジネス科3年の鈴木しずくさんが、Ⅲ類(ヒューマンサービス)では、ヒューマンサービス科3年の安生真奈美さんが最優秀を受賞しました。

今年度は全国大会が中止となってしまいましたが、県大会は、実施が検討されています。県大会が実施されたときには、より磨かれた発表がなされることを期待しています。

「福島県立岩瀬農業高等学校産米 無添加糀あまざけ」のリリースについて

本校と産学連携協定を締結している(株)八芳園において、本校のコシヒカリ(グローバルGAP認証)を使った「福島県立岩瀬農業高等学校産米 無添加糀あまざけ」をリリースします。

6月30日に、本校で商品発表及び試飲会を開催します。その模様は、後日ホームページに掲載します。

(外部リンク)八芳園のプレスリリース

地元の皆さんと共にツツジ定植

6月26日

園芸科学科 生物工学専攻の三年生が、宇津峰山において、郡山市谷田川区の皆様と一緒にヤマツツジの定植を行いました。

園芸科学科では、地域を学びのフィールドとした学習の推進と地域活性化を推進するため、宇津峰山の希少植物(エビネラン、クマガイソウ、サギソウ、ヤマユリ)の増殖と群生地復活事業に取り組んでいます。

7月には、エビネラン、ヤマユリ等の移植を行う予定です。

将来的には、宇津峰山を「市民が集える憩いの場」として構築することを目指しています。

 

緑のカーテンで潤いを!

 園芸科学科「生物活用」の授業で、2年生がグリーンカーテン用のネットを設置しました。二階から三階へ向けての設置で、上下で声を掛け合いながら機敏に作業にあたりました。ゴーヤとアサガオがプランターに準備され出番を待っています。ベランダに日陰と潤いが訪れる日まで、しっかり管理を続けていきたいと思います。

大学・高等看護学校進学課外

6月17日(水)

大学・高等看護学校進学課外を行いました。

 

本校では大学・高等看護学校の進学者向けに課外を実施しています。3年前から始まり、受講者も増え続け、本格始動となってきました。

新型コロナウイルスの影響で、臨時休業中はできなかったものの、その遅れを取り戻すべく、生徒は集中して取り組んでいました。進学に向けて本番が近づく中、ますます本気になって取り組んでいきます。

本日は英語の課外を行いました。少しでも聞き逃すまいと真剣に聞く生徒たち。それに応えようと担当教員の熱も上がります。

終盤になっても、集中力は落ちませんでした。今後も地道な努力を重ね、進路実現を叶えてほしいです。

総合防災避難訓練

6月18日(木)

防災避難訓練を実施しました。

例年であれば、全校生徒がグラウンドに避難することになるのですが、今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、実際に避難をせず、放送や資料により、火災があった場合の対応や避難経路の確認などを各学級ごとにおこないました。

最後に、校長先生から放送による講話をいただきました。

教頭先生が、火災発生の緊急放送をしているところです。実際に火災があった場合の手順を確認しながら、訓練を行っています。

3年生のある学級の様子です。先生が実際に災害があった場合をイメージしやすいように、生徒に説明していました。生徒たちは真剣に話を聞いていました。