学校生活

学校行事等

寮の作業日誌 開拓してみました (Measuring the New Garden)

宇津峯寮の寮庭の一画に花壇を作りました。2学期が始まる頃、満開になると思います。

《感想》

僕達は、寮庭の使われていないスペースに花壇を作りました。土の中からいろいろな物が出てくるトラブルがあり、作業時間が延びてしまいましたが、最後まで終わらすことができよかったです。今から咲くのが楽しみです。

                       柔道部H

黒い鳥さん!!いたずらしないでね(゜Д゜)

忘れな草オンライン交流会の開催!(The `Forget-Me-Not' Project in the time of COVID-19.)

 7月7日(水)、4月に忘れな草を寄贈した埼玉県さいたま市立常盤中学校の皆さんとオンライン交流会を行いました。

 忘れな草プロジェクトは、東日本大震災の復興支援を目的として行われており、ヒューマンサービス科では2018年から活動に参加しています。

 参加した生徒は、栽培方法や震災当時の体験を中学生にわかりやすく説明していました。

震災から10年。これからも福島の復興に貢献していきます!

令和3年度福島県学校農業クラブ連盟技術競技大会平板測量競技 本校で開催 (Survey Contest 2021. We placed 2nd and we're moving on to the next contest!

7月6日(火)、令和3年度福島県学校農業クラブ連盟技術競技大会平板測量競技が本校を会場に行われました。本校からは3年生チーム(A)と2年生チーム(B)がそれぞれ参加しました。

結果は、、、

2年生チーム 優秀(第2位) 東北大会出場権獲得!

 

3年生チーム 優秀(第3位)

という結果となりました。

両チームともに練習の成果を発揮し健闘しました。

これから2年生は8月に宮城県で行われます東北大会に向けて練習を頑張っていきたいと思います。

寮の作業日誌 花壇がきれいに!( The Dormitory Garden)

寮の花壇が色トリドリの花できれいに飾られました。
《感想》
 園芸科学科の先生に花の苗をたくさんいただいて、それを寮の花壇に植えました。花を植えたことで寮の雰囲気が今までより明るくなった気がします。苗をくださった先生方、本当にありがとうございました。
                          バド部T
これからも、大切に育てていきます。

環境工学科2年 福島空港緑化プロジェクト【イノベ事業】(Greenery at the Airport)

イノベーション事業「福島空港緑化プロジェクト」が6月24日(木)に福島空港内で行われました。昨年に引き続き、株式会社グリーバルの石黒さんに来校して頂き昨年度の成果や緑化の大切さを学びました。

また、第一回目ということで今回は空港内のどの場所を緑化できるのか考えるため過去の先輩方が行った緑化を見たり照度計を使用し光の強さを確認するなどして今後の計画を立てました。

↓石黒さんによる講義の様子

↓昨年度の成果を見学している様子

↓照度計を使用し光の強さを確認している様子

 

環境工学科2年 ドローン講習会(How to use drones)

 6月24日(木)イノベーションコースト構想事業の一環として、環境工学科2年生を対象に第2回目のドローン講習会を開催しました。

 今回は、自分たちでプログラミングして小型ドローンを飛行させる講座とプログラミングから自動航行し地図化までの一連の流れを実際に体験する講座を受講しました。

 自分たちでプログラミングし、計画通りに飛行することができると歓声が上がっていました。

 実際に学校上空の飛行経路をプログラミング!!

飛ばす機体はPhantom4です。タブレットの使い方まで、丁寧に御指導頂きました。

 

校内農業鑑定競技大会を開催 (The Agri-Knowledge Competition(each department, each grade))

6月22日(火)学校農業クラブ連盟技術競技大会農業鑑定競技の校内大会を開催しました。農業クラブ員である全校生徒が、◎農業、◎園芸、◎畜産、◎食品、◎農業土木、◎造園の6つの部門に分かれ、40問にチャレンジしました。なお、成績上位者は、8月に行われる県大会に出場する予定です。

進学相談会(Career Guidance for the Future)

6月16日(水)昭栄広報主催の進学相談会が郡山ビューホテルで開催されました。

本校生徒は35名ほど参加し、全員が熱心に各学校の説明を聞いていました。

ここでしか聞けない内容であったり、進学先の学校の方と直に話ができたりする機会で、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

特に今回は1年生の参加率が非常に高く、1年生のうちから自分の進路について考えているんだなと感じました。

様々な選択肢がある中でも、多くの情報を集め、処理して自分自身に最適な選択をしてほしいなと思います。

御説明いただいた学校様、開催していただいた昭栄広報様、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

イノベーション人材育成事業【牛削蹄講習会】開催(Learning how to cut hooves)

 6月16日(水) 本校の乳牛舎を会場にイノベーション人材育成事業として「牛削蹄講習会」を、生物生産科3年動物科学コースの生徒18名を対象に開催しました。

 講師には、削蹄師「株式会社武藤削蹄グループ 武藤稔貴氏」をお招きしました。

 削蹄実演前には、講師の先生から「生産のために頑張る家畜への接し方」「削蹄の必要性」「削蹄用具の説明」などの講話をしていただきました。

 実演では、実際の高度な削蹄技術を見学し、その後牛の肢蹄を持ち上げる体験をしました。

650kg~750kgある牛の肢蹄を持ち上げる初めての体験では、「思ったより軽く持ち上げられた!」「自分の時だけ牛が暴れた!」「牛のからだが温かかった!」「中腰での作業は大変だ!」などと感じたようです。

 この講習会で生徒たちは、経済動物を扱う「責任」、この学校でしか学べないことを自分達は学ぶことができるという「充実感」を感じていたようです。

福島県学校農業クラブ連盟技術競技大会(家畜審査競技会)入賞!(1st prize in cattle beauty contest)

 6月15日(火) 福島県学校農業クラブ連盟技術競技大会「家畜審査競技会」が福島県農業総合センター畜産研究所(乳用牛の部)、同沼尻分場(肉用牛の部)を会場に開催され、本校からは乳用牛・肉用牛の部へそれぞれ4名ずつの代表選手が出場しました。

 この競技は、乳用牛は「ホルスタイン種雌牛審査標準」、肉用牛は「黒毛和種審査標準」の審査内容に従って、農業クラブ員の牛を見る目を競う大会です。乳用牛・肉用牛の部ともに、成牛4頭の総合評価と部位ごと(3問出題)の評価、育成牛4頭の総合評価で順位をつける競技内容です。

 

 当日は悪天候のため、肉用牛では会場を屋内へ変更、乳用牛では屋外での審査時間を成牛が20分のところ5分短縮されるなどの変更がありましたが、農業クラブ員は落ち着いて競技を行っていました。

 競技の結果は以下のとおりです。

乳用牛の部

 最優秀 佐久間亮次(生物生産科 2年)

  優秀 田邉 碧彩(生物生産科 3年)

肉用牛の部

  優秀 橋本 愛美(生物生産科 2年)

 入賞したみなさん おめでとうございます。

 また、毎日学習会を行い努力した生徒のみなさんご苦労様でした。