学校生活

学校行事等

新嘗祭献穀田御田植式(にいなめさいけんこくでんおたうえしき)

 5月27日(月)鏡石町成田原町地内で新嘗祭献穀田御田植式(にいなめさいけんこくでんおたうえしき)に、生物生産科3年植物コース4名が「田植の儀」に参加してきました。

 ~以下参考資料抜粋~

 献 穀

 宮中の恒例行事の中で最も重要な儀式である「新嘗祭」に供するために新穀を、各都道府県の精農家が献納するものであり、明治25年以来、今日まで続いている伝統的な行事です。

 福島県からは毎年2名の献穀者が選ばれ令和6年度は鏡石町のほか浪江町からも選ばれました。

 2町で新米を5合ずつ献納し、福島県として1升献納することとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 前回鏡石町で新嘗祭が行われたのは、昭和58年と、今から約40年前とのこと。

 とても誉れあるこの機会に、幸運にも縁があった岩農生4名は早乙女の衣装を身にまとい、元気に笑顔で田植の儀を全うしていました。

 10月にはまた稲刈りの儀があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

鏡石町田んぼアートの絵柄の測量実施!!

 5月20~21日に鏡石町図書館北側の田んぼで、環境工学科3年生測量専攻班8名が、鏡石町の田んぼアートの絵柄を作成するために測量を行ってきました。トータルステーション1班と杭ナビ2班に分かれ、それぞれの担当のエリアのくい打ち作業を行いました。

 初日は雨、2日目は強風で測量を行うには良い状況とは言えませんでしたが、10時過ぎには雨が上がり作業を行いました。図面等を見ながら、杭を打つ位置を正確に測量して、その位置が定まったならば園芸用のプラスチック棒を垂直に挿入します。すべてプラスチック棒を打ったならば、ビニルテープを棒に巻き張っていきます。こういった作業を田んぼの中で行うので、思うようには足を運べませんした。しかし、田んぼに初めて入る人もいたので、良い体験ができました。

 田植え祭りは5月25日(土)に実施されます。測量したところに田植えされ、苗が育ち絵柄が現れてきますが、どのように絵柄が見えるのか今から楽しみです。

「福、笑い」の田植えを行いました! Rice Planting 2024, the top of tops, “FUKUWARAI”

 本日は田植え日和。学校水田で生物生産科の3年生による田植えが行われました。

 福島県のブランド米「福、笑い」(約20a)を、作物専攻生が先生の指導のもと田植え機で田植えをしました。「福、笑い」の本校での栽培は今年で3年目となりました。

 生徒一丸となり、田んぼに入り補植を行ったり、田植え機が回転した場所をレーキで均したりと、一生懸命に田植えを行いました。

 「ふくしまプライド」をかけた「福、笑い」。

 岩農生の「岩農プライド」も魅せてくれた田植え実習でした。

育苗ハウスから苗運び出し薬剤処理

 

 

 

 

 

ジャガイモ畑の除草 Fight for Weeding

 生物生産科1年生の総合実習で、ジャガイモ畑の除草を行いました。

 初めて使う農具「草けずり」に苦戦しながらも、徐々に手慣れていく姿に、これからの成長が楽しみな1年生の実習でした。

 「農業は雑草との闘いだ」ということを、学んだのでした。

「カリーノケール米粉麺」100袋完売・御礼! Sold Out! Rice Noodle

 4月30日に行われたPTA総会にて生物生産科の「カリーノケール米粉麺」を販売しました。

用意した100袋が完売御礼!ご購入いただいたみなさま、誠にありがとうございました!

 生物生産科の3年生も宣伝活動がんばりました!

 アグリビジネス科で準備したアレンジレシピの「レモン香るサラダ麺」の試食も大好評!昨年からリピート買いしてくださる方もおり、うれしい限りです。

 次回は福島空港で行われる6月14日の岩農WEEKでの販売を予定しています!アレンジレシピのリーフレット付きです。

 ぜひ足を運んでみてください!

 

1年1組総合実習でジャガイモの種イモ植え

 1年生の初めての作物実習ではジャガイモの種イモを植えました。

 慣れない農作業や農具の使い方に苦戦するも、しっかり目標達成まで実習を行うことができました。

 よくがんばった!生物生産科1年生。これからも期待しています!

「カリーノケール米粉麺」ぜひお買い求めください! Sale! Rice Noodle with Kale

 昨年度より販売がスタートした生物生産科のオリジナル商品

「カリーノケール米粉麺」の特徴

① 岩農産のコシヒカリを100%使用

② 米粉ならではのモチモチ触感が楽しめる

③ 栄養価の高いカリーノケールの粉末が練りこまれた麺

 健康志向のあなたにもぴったり!パッケージデザインも昨年食品科学科の生徒が考えてくれたおしゃれなものとなっています。

 1袋(2食入り)500円、ぜひお買い求めください!

 生物生産科の植物コースの3年生が、宣伝活動グッズを作成中です。

かがみいし田んぼアートの種まき! Go for TAMBO ART 2024 in Kagami-ishi Town

 4月17日には、生物生産科の3年生でかがみいし田んぼアートの種まきを行いました。

 育苗箱への土入れは機械で行いましたが、種まきは手で蒔きます。

理由は品種(色)の異なる種類(なんと今年は9種類!)を蒔くため、種が混ざらないように慎重に蒔く必要があるからです。

 みんな真剣な表情で実習を行っています。

芽が出ますように…

 

 

玉掛け技能講習実施 Claw Crane

 4月2日(火)~5日(金)の日程で環境工学科3年生を対象に玉掛け技能講習を実施しました。玉掛けとは重い荷物をクレーンで持ち上げる際、フックに吊り荷を掛けたり外したりするのに必要な資格です。

 生徒は複数の手合図の種類を覚えるのが大変そうでしたが、実技試験では大きな声も出せており手合図も間違えることなく行うことができました。

 

 

作物専攻班・農業機械専攻班今年度も実習スタートです!

 生物生産科3年生の春休み出校実習から今年度の実習スタートです!

 作物専攻生は、コシヒカリ&福笑い、そして今年もやります!「かがみいし田んぼアート」の、種もみの塩水選を行いました。

 農業機械専攻班は、機械室の清掃や農業機械の安全点検作業を行いました。掃除と安全点検は実習の大切な基本ですね!

 今年度の実習でも、多くの学びが収穫できますように。