学校生活

三重県の農業高校の皆さんと、交流しました!

12月26日

三重県立四日市農芸高校、久居農林高校、相可高校、明野高校、伊賀白鳳高校の生徒のみなさんと、福島県立白河実業高校、小野高校、会津農林高校、相馬農業高校、岩瀬農業高校の生徒達、合わせて28名が交流活動を行いました。

この取組は、GAPに取り組む両県の高校生による交流事業の一環で、今年の夏には、福島県側から三重県に訪問し、色々とお世話になったところです。

この日は、岩瀬農業高校で農場見学をしたほか、各学校による取組の紹介、そしてお楽しみのそば打ち体験、午後からは、GAPについて考えるグループ討議などを行いました。

そば打ち体験については、小野町の大千里廣子さんを講師としてお迎えし、そば打ちに取り組んでいる小野高校、会津農林高校の生徒達がほかの生徒達にお手本を見せながら、楽しくおいしいおそばをいただきました。そのほか、スペシャルメニューとして、校長先生が用意してくださった手打ちうどん、コシヒカリとゆうだい21のおにぎりも用意されました。